スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、さよなら

2012.02.13 18:32|バイオリン
10月からレンタルしていたバイオリンを返してきました。

レンタル



初めてのバイオリンが、このバイオリンで、ほんとによかったです。
もしかして違う楽器だったら、バイオリン、続けていなかったかもしれないし
ましてや、習いになんて行ってなかったかもしれないです。

この楽器で、初めてバイオリンというものを手にして、
独学で、フィドルの教本とYoutube先生を参考に弾き始めたものの
「ちゃんと弾いてくれれば、僕もっといい仕事しますよ~」って
楽器に急かされてるような気がして、それで教室を探したんでした。

今の教室の体験レッスンに行ったときは、
とにかく、楽器にちゃんと音を出してほしい一心だった。

ひととおり、姿勢や持ち方を習ったら、彼はとたんに歌いはじめて、
それからは、ほめたり、おだてたり、根気よく私をコーチしてくれました。
先生にも、「いい音するね」って言われて。

おかげで、うちに帰るのが毎日楽しみで、
練習嫌いの私が、ほとんど1日も欠かさず、ここまで続けられた。

手の小さな(そして小指が極端に短い)私には、
少しネックが太すぎるというか、Dシェイプなのがネックで(ダジャレみたいになってしもた)
だから仕方なく手放すけれど、
彼には本当に感謝しています。



名残惜しくて写真たくさん撮っちゃった。

左:新、右:旧相棒
新・旧 裏板

そうそう、このレンタルバイオリン、
裏板が一枚接ぎ(one piece back)なのも密かに気に入っていた。



新しく私の相棒になったバイオリンは、ちょっと気難しいんだよね。
乾燥すると機嫌悪いし、寝起きも悪いし。 笑
そのかわり、たま~に、なんかの拍子に、はっとするほどいい音するけど。



バイオリンは、ギター以上に、血の通った生き物みたいです。
スポンサーサイト

テーマ:楽器
ジャンル:音楽

テデスキ・トラックス・バンドのライブに行ってきました!!

2012.02.07 00:59|音楽―聴く
ttb tour 2012

2/5(日)@クアトロ名古屋、もちろんオールスタンディング。

金曜の夕方はもう、いい音楽とラムコークのことで頭一杯だったので
ワンドリンクのアルコール類がビールしかなかったのは惜しかったけど 笑


楽しかった~!!!

11人の大所帯なので、ステージぎゅうぎゅう 笑
もう、コーラスの人とか、袖にはみ出てたし。

スーザンとデレクも良かったけれど、
デレクのギターばかりが目立つわけでもなくて
他のメンバーもいい感じに油が乗ってました。

フライヤーに「超絶技巧集団」って書いてあって、
もっとマシな言い方なかったんかい!!って思ったけど、
でもまさにそんな感じ。

私はホーンとキーボードが好きだったかな。
(途中でフルート吹き出すキーボードって、反則。)

正式にテデスキ・トラックス・バンドになってからは
アルバム1枚しか出してないけど、
その分カバーをいっぱいやってくれて(それがほんとに楽しそう)

中盤のビートルズのI've got a feelin' とか(唄ってすいませんでした)
ラヴィン・スプーンフルの(ドノヴァンじゃなかった)Darlin Be Home Soon、
続く新曲(春に出すアルバムに収録予定)もすごくブルースでよかった

このあたりでもうすでにクタクタで、後半はポカーンてしどおし。

目と耳と毛穴と足の裏から、
「ライブ分」を充填してきました。

首とくるぶしが痛い・・・

これで、先月から続いた楽しい音楽の時間は一区切り。
でもしばらくはこの余韻と共に、いい夢見れそうです。

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

まいったな

2012.02.01 12:30|雑記
朝起きたら、これだもの。

P1020358.jpg

風も強くて吹雪いてるし、
なんかもう、笑っちゃうね

暦の上ではもう立春も間近だというのに、
冬に逆戻りするような、フワッフワの粉雪が、
勢いを弱めることなく降り続いています。

バイオリンを買いました

2012.01.23 00:57|バイオリン
先生に手伝ってもらって、バイオリンを選びました。

予算に合わせて、楽器屋さんが何台か見繕って教室に送ってくれるので、
そのなかから、試奏して気に入ったもの(本体と弓)を選びます。

今回はバイオリン4台と、弓も4本。

ちなみに、用意されたバイオリンは、値段のお高い順に(笑)
Sofia Amadeus
Gliga GamaⅠ
Paesold PA803J
Klaus Heffler たぶんNo.600

先月、別のバイオリンを弾いてみて、レンタルの弓に幻滅してしまい、
それならさっさと買ってしまいましょう、ということに急遽なったので、
生涯の伴侶を選ぶなどというロマンチックなものにはなりませんでした。

特に先週は、大工道具を選ぶがごとく、テキパキと使いやすい道具を選ぶ作業。
値段と名前を伏せた状態で順番に弾いて、持った感じで弾きにくいものを却下していきます。

まず、ボツにしたのが、へフラー。ネックが握りにくかったから。

へフラーは、No.400と500(だと思う)も弾かせてもらったけど、
初心者の私でも、新しい楽器でも、苦せずにそこそこ鳴るし、コスパは◎だと思います。
逆に言うと、弾きこんでいく楽しさみたいなのが、あまり想像できない。
私の中で、バイオリン界のトヨタ・カローラのイメージができつつあります。

次が、迷ったけど、ソフィア・アマデウス。
持った感じ、弾きにくくはないが、特に弾きやすくもなく、なのに予算オーバーだったから。
音は、印象に残るような特徴(クセ)もなく、鳴らしやすそうだな、って思いました。

今月だけはグループレッスンになっていて、初見の曲をいきなり合わせたりしたので、
音の好みとかなんとか、ロマンチックなことを考えている余裕はなく、
あたふたしててもついてきてくれる、こちらが合わせなくていいものが残った感じ。
それに、意図したわけではないんだけど、アクの強い2つが残ったのかな、とも思います。

で、第一印象では、グリガにかなり傾いていたのですが。

               

今週は、残った2台から最終的な1台と弓の組み合わせを決めます。
2台とも、それぞれ相性のよい弓がすぐに決まったので、
先生に弾いてもらって音で迷ったり、将来性を考えたり、先週よりはロマンチック。

最終選考に残った2台は、各々異なった傾向の個性を持った楽器で、
弾き易さも申し分なく、どちらも捨てがたく、最後はかなーり悩みました。

①Gliga GamaⅠ
先週、一番印象の良かったもの。テンパった時にもついてきてくれる感じがする。
音がちょっとこもった感じ。粒が硬く丸く、細やか。芯のあるあったかい音がする。
難点は、埋もれやすい音ってこと。特にE線の音量には物足りなさを感じる(耳元で)。
先生の言葉を借りれば、母性を感じる音。例えるなら、3歩下がってついていくタイプ。だって。
オケの2ndバイオリンとかで、目立たず燻し銀な仕事をするには向いている、とのこと。

②Peasold PA803J
先週は、とっちらかった印象だったけど、改めて弾くとそうでもなかった(ので迷った)。
朗らかによく鳴って、弾いていてとても気持ちがいい。
明るく華やかで、バイオリンらしい音がする。あけっぴろげな音。
悪く言えばかしましい。G線D線なんて、普通に弾いても周りの音がほとんど聞こえない(笑)
先生には、将来ソロやピアノ伴奏で弾きたいなら、音の立つこちらがオススメと言われた。

つまりは、①はまるで私の声みたいで、なんとなく安心するのもきっとそのせい。
②のほうは、およそ私の声にはない要素。バイオリンとして人気があるのはこっちだろうな。

どうにも決めあぐねて弟に相談したら、
どっちにしても間違いじゃないと思うから、気に入ったほうにすればいいと思う。って。

で、結局①のグリガにしました。

自分の殻を破るんならペソルドだったかもしれない、と今も思っているけれど、
・バイオリンも、一般的に、ある程度弾き込んでから鳴るようになる。といわれている。
・自分の腕が上がって、この子がもっと歌うようになったら、とてもうれしい。
 ペソルドに同じことが起きるより、きっと私はうれしい。
・弦を変えたら少しは鳴るようになるはず。この子に合った弦を見つけてやりたい。

と、まぁ、最後は思い入れで。

もしかしたら、より面倒くさいほうを選んだのかもしれないけど、
初めて手にするバイオリンなんだ、ってことを考えると、
「結局は思い入れで」というのは、それでよかったんだ、と思ってます。

うふ。

2012.01.16 00:23|音楽―楽器
ついに買ってもらっちゃいました。
ステージピアノ、ヤマハのCP50。

先週、セッティングだけして、昨日やっと弾けました。
(イヤホンの変換プラグを買いに行く時間がなかった)


うれしいので、とりあえず写真up。
携帯画像なので、だいぶ汚いけど。

CP50ver.2


夕方、バイオリンのレッスンから帰って疲れていたはずなのに、
触るとやっぱり楽しくて、ずっと弾いてしまいました。

今までの「へなへな49鍵盤1万円キーボードしかもカシオ」は何だったんだ!

家に鍵盤があるのに弾く気にならないのは、自分がそこまで好きじゃないからだと思ってたけど、
これだったら楽しい。早くうちに帰って弾きたい、って思うんじゃないかな。

「クラビノーバ(電子ピアノ)はキライだ!」なんて意地張ってないで、
もっと早く電子ピアノを買ってもらってればよかった、と少し反省してます。
学生の頃はもっと時間があったし、もっといろいろやれたかもしれないのに。

振り返っても仕方がないので、スケールと、コード弾きの勉強始めました。

仕事で勉強して、将来のために勉強して、趣味でも勉強して、
社会人になっても、なんか勉強ばっかりしてる気がします。
11 | 2017/03 | 01
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:くろつぐみ
バイオリンを始めたのを機に、ブログも始めてみました。どうぞよろしく。

 音楽が大好き。聴くのも演奏するのも歌うのも。音楽の話になるとたいてい「歳いくつだっけ?」って聞かれます。

 小さい頃から自然が大好きで、特に鳥とは長い付き合い。夏に川へ行くと無条件にテンション上がります。

 ベランダや室内で植物を育てています。初めは食べるためのハーブだけだったのに、ついにバラにも手を出してしまった!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。